車検を受けてからの方がよいのか?

バイク売却時の車検はどうすればいいのでしょうか。

251cc以上のバイクでは、新車購入で初回車検が3年目に、その後は2年ごとに車検義務があります。

車検をしてからのほうが査定額が高くつくかも……と思われるかもしれませんが、その必要はありません。

車検は通さず、そのままの状態でバイクを査定にかけましょう。

理由をご説明します。

確かに、バイクを車検を通すと、その査定額は上がります。

しかし、車検に受けるということはその分を個人が費用負担することになりますよね?

仮に車検を受けたとしても、バイクの査定額よりも車検費用が高くては本末転倒です。

車検を通していないバイクでも、バイク買取業者では個人が車検を受けるよりずっと安い費用で車検を通すことができます。

ほとんどのケースで、車検を通さずに売却したほうがバイクを高く売却できます。

車検が切れている場合ではどうでしょうか。

以前なら、ほとんど値がつかないこともあったのですが、今ではネットなどの普及でちゃんと買い手がつきます。

中古バイクの相場は刻々と変化するものなので、車検を通している時間も無駄にはできません。

バイク買取業者のほうが素早く済ませられるので、車検切れのまま査定を受けるのがベターです。

ページのトップへ▲