車体のキズは、治した方がよいのか?

きれいに使っているつもりでも、バイクの車体にはいつも間にか傷や凹みができているものです。

乗っているときには気にならなくても、いざ売却しようと思うと、査定が安くなるのはないかと心配になりますよね。

査定前にこういった傷や凹みに気づいた場合、直してから査定を受けた方が良いのでしょうか? それとも直さないほうが良いのでしょうか?

もちろん、こういった傷や凹み査定においては減点ポイントになってしまいます。

もしも、その傷や凹みなどが、小石がはねた跡などの小さなものであれば、研磨剤などで磨けば消えるので、自分で手入れをすることもできます。

ただ、これが自分では直せないような状態で、業者に依頼しなければならないような場合には、キズや凹みはそのままで査定を受けましょう。

傷、凹みが大きいと、査定金額を下げる可能性があることは確かです。

だからと言って査定を受ける前にバイクのキズや凹みを修理する必要はありません。

これは、バイク買取業者のほとんどが自社で整備や修理を行っているため。

修理費用を上回るほどのマイナスが査定につくことはありえないからです。

傷や凹み、故障箇所も、そのままバイク買取業者に査定してもらいましょう。

ページのトップへ▲