廃車にする方法

バイクの廃車は、車の廃車よりも比較的に簡単に行えます。

ただ、その排気量によって、廃車手続きが若干異なるので気をつけてください。

自賠責保険の有効期限が残っている場合は、その期間に応じて保険料が戻ってきます。

・125cc以下の原付バイクの廃車手続き

125cc以下の原付バイクを廃車にする場合は、管轄する市区町村の役所で手続きを行った後、解体業者などに依頼し、解体スクラップしてもらいます。

・126cc以上250cc以下のバイク(軽二輪自動車)の廃車手続き

126cc以上〜250cc以下のバイク(軽二輪自動車)を廃車にする場合は、管轄する運輸支局(自動車検査事務所)で手続きを行った後、解体業者などに依頼し、解体スクラップしてもらいます。

・251cc以上のバイク(小型二輪自動車)の廃車手続き

251cc以上のバイク(小型二輪自動車)を廃車にする場合は、管轄する運輸支局(自動車検査事務所)で手続きを行った後、解体業者などに依頼し、解体スクラップしてもらいます。

さて、このようにすればバイクは自分で廃車にできますが、オススメなのが、その前にバイク買取業者の査定を受けること!

廃車にするしかないと自分では思っているようなバイクでも、業者によっては買い取ってくれるところがあります。

査定は無料で行っている業者がほとんどなので、利用しない手はありません。

ページのトップへ▲